文化財保護・芸術研究助成財団のあゆみ
20042005|2006|200720082009201020112012201320142015

■2006(平成18)年度

寄附行為第4条の定めに従い
■文化財の管理、修理、復旧、整備、模写、公開、伝承者の養成等保存及び活用のための事業の実施並びに芸術研究に係わる諸活動の助成に関連し、次の助成事業を行った。

【建造物の保存修復に対する助成について】
  1. 青森県  円明寺  円明寺本堂の修理
  2. 岩手県  太田裕子  太田家住宅の修理
  3. 宮城県  陸奥国分寺  薬師堂仁王門の修理
  4. 秋田県  多宝院  多宝院本堂の修理
  5. 山形県  八幡神社  八幡神社本殿の修理
  6. 福島県  白河正教会  白河ハリストス正教会聖堂の修理
  7. 栃木県  上根地区自治会  上根観音堂の修理
  8. 群馬県  天満宮  末社春日社の修理
  9. 千葉県  那古寺  那古寺観音堂の修理
  10. 長野県  正受庵保存会  恵端禅師旧跡正受庵の修理
  11. 石川県  雄谷助十紀  雄谷家住宅屋敷構えの修理
  12. 岐阜県  八王子神社  八王子神社社殿の修理
  13. 愛知県  三明寺  三明寺本堂の修理
  14. 三重県  白山比神社  比神社八幡社・須賀社・祖霊社の修理
  15. 滋賀県  矢川神社  矢川神社楼門の修理
  16. 鳥取県  木下敬  木下家住宅の修理
  17. 愛媛県  円明寺  円明寺八脚門の修理
  18. 長崎県  清水寺  清水寺本堂の保存修理
  19. 大分県  長福寺  長福寺本堂の修理
【美術工芸品の保存修復に対する助成について】
  1. 茨城県  蔵福寺  木造阿弥陀如来立像の修理
  2. 山梨県  笛吹市桑戸区  木造五大明王像の修理
  3. 静岡県  白山神社  絹本著色釈迦十六善神像の修理
  4. 京都府  穴太寺  穴太寺観音縁起他の修理
  5. 兵庫県  蓮花寺  絹本著色両界曼荼羅図他1点の修理
  6. 香川県  根香寺  木造五大尊像の修理
【有形民俗文化財の保存修復に対する助成について】
  1. 山口県  宝泉寺  宝泉寺船絵馬群の修理
【新潟県中越地震災害文化財の復興に対する助成について】
  1. 小千谷市 慈眼寺  慈眼寺本堂他の修理
  2. 小千谷市 魚沼神社  魚沼神社本殿の修理
  3. 新潟地震災害文化財の救出・保存緊急調査(京都造形芸術大学教授 内田俊秀)
【文化財の保護及び芸術文化の研究等に対する助成について】
  1. 「平等院及び浄瑠璃寺阿弥陀像を中心に3Dデジタルデータによる定朝様式の研究」(大正大学文学部教授 副島弘道)
  2. 「日本及び東洋絵画の保存修復研究」(東京芸術大学教授 宮廻正明)
  3. 「バーミヤン遺跡仏教壁画片の超高精細デジタル光学調査」(東京芸術大学教授 佐藤一郎)
  4. 「中世檀紙復元研究」(国宝修理装師連盟理事長 岡岩太郎)
  5. 「文化財保存・修復用語事典の編集」(東京芸術大学教授 田渕俊夫)
  6. 「森鴎外訳オペラ『オルフエウス』公演」(東京芸術大学音楽学部教授 多田羅迪夫)
  7. 「高句麗壁画古墳双楹塚の立体復元」(東京大学人文社会系研究科助教授 早乙女雅博)
  8. 学術研究誌「カリスタ-美学・藝術論研究」の編集(美学・藝術論研究会 松尾 大)
  9. 「文化財保存学教育の40年展」(文化財保存修復学会第27回大会実行委員長 北田正弘)
  10. 「スキノデリック-彫刻の表層-」展 (東京芸術大学美術学部助教授 北郷 悟)
  11. 「アンコール遺跡バンティアイ・チュマール『証された密林の神々』写真集の出版」(BAKU斉藤)

■文化財の保護、芸術研究に関する国際的な交流・協力に関連し、次の助成事業を行った。

【敦煌研究院関係助成】
  1. 1998年12月10日付で合意された、人材育成等の援助計画に関する覚書に基づき、敦煌研究院より研究員2名の招致助成
  2. 敦煌莫高窟壁画の保存・修復に関する日中共同研究(東京文化財研究所 代表者 加藤寛)
  3. 朝日新聞社「第9回朝日敦煌研究員派遣制度」を助成
【アンコール遺跡保存修復事業に関して次の助成を行った】
  1. プレ・アンコール、サンボー・プレイ・クック遺跡の保存計画および修復技術に関する研究(日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA) 団長 中川武)
  2. サンボー・プレイ・クック遺跡におけるカンボジア人文化財専門家養成のための長期研修(日本国政府アンコール遺跡救済チーム団長 中川武)
【在外日本古美術品保存修復協力事業に関して次の助成を行った】
  1. 在外日本古美術品保存修復協力事業に対する助成(東京文化財研究所 所長 鈴木規夫)
  2. 紙の素材と修復方法の研修のためイタリア紙保存修復家マリア・スペランザ・シュトランス氏及びルカ・リチャード・ベッラ氏を招致(受入機関 東京芸術大学美術研究科文化財保存学)
【トルコ共和国カマン・カレホユック遺跡出土遺物、遺構の保存を助成(中近東文化センター 代表者 大村幸弘)】
【「龍門石窟の保存修復のための写真情報を活用した記録作成技術の開発と写真管理システムの構築」を助成(東京文化財研究所 代表者 青木繁夫)】
【文化財の保存に携わる研究者を在外研修員として派遣した】
  • 中井久代氏(マウリッツハイス美術館研修員)をSRAL修復研究所及びクローラーミュラー美術館(オランダ)に「油画修復技術」研修のため派遣
【人的交流・研究・事業の実施に対する次の助成を行った】
  1. 京都嵯峨芸術大学芸術学部助教授 山村高淑氏が「第8回世界遺産都市会議」国際シンポジウム出席(ペルー・クスコ)
  2. 「日本における建造物装飾彩色の保存修復の研究」のため韓国・通度寺聖寶博 物館学芸員 申龍氏、朴一雄氏を招聘(招聘機関 元興寺文化財研究所 代表者 山内 章)
  3. 「バーミヤン遺跡の壁画に関する国際研究集会」のため米国コートルドー芸術研究所シャロン・カーター氏、デイヴィット・パーク氏を招聘(招聘機関 東京文化財研究所 代表者 山内和也)
  4. 「東アジア絵画における顔料事情-日本画・韓国画の比較研究」(東京学芸大学教育学部講師 荒井 経)
  5. 「メゾン・アトリエ藤田における藤田画伯関係資料の調査」(絵画保存研究所 代表 小谷野匡子)
  6. 「東京・北京・パリ交流ポスター展」 (東京芸術大学美術学部助教授 蓮見智幸)
  7. 「芸術文化振興三国共同会議『藝術の対話 中国・韓国そして日本』(宇都宮大学教育学部助教授 中島 望)
  8. 「2005/2006日本におけるドイツ年」プロジェクト(東京芸術大学美術学部助教授 渡辺好明)
  9. 「シリア、テル・タバン遺跡出土の粘土板文書の保存修復」(国士舘大学イラク古代文化研究所助教授 沼本宏俊)

■特定助成事業として、次の助成を行った。

【尼門跡寺院文化財保存修復助成事業 】
  1. 慈受院門跡 紙本墨書「新清和院御念持仏」(掛軸)の保存修理
    ※この事業は平成17年度寄付金付お年玉付郵便葉書等寄付金で行われました。
  2. 光照院門跡 絹本著色「弁財天像」(掛軸)の保存修理
【平安神宮「桓武天皇1200年記念大祭」記念事業に対する協力】
【アフガニスタン文化財復興支援事業】
  • 「アフガニスタン考古学誌」の出版助成
【イラク文化財復興支援事業】
  • “Saveイラク文化財”支援事業実行委員会に対する協力
【朝鮮民主主義人民共和国・高句麗壁画古墳保存に関する支援事業】
  • 高句麗古墳保護のための研究センター設置を支援
【陝西唐代陵墓石彫像保存修理事業】
  1. 陝西唐代陵墓石彫像保存修理事業の支援(陝西省文物局)
  2. 陝西唐代陵墓石彫像保存修理協力事業(東京文化財研究所)
【吉田神社御鎮座壱千壱百五拾年境内整備事業に対する協力】
【シルクロード文化財保護フェローシップ事業】
  • フェローシップ事業に関する協議及び中国文物局等関係者招聘

■文化財の保護及び芸術振興に関する出版物の刊行、講演会の開催、その他普及広報活動に関連し次の事業を行った。

【妙高夏の芸術学校の開催】
  • 主 催:妙高市、新潟県
  • 共 催:(公財)文化財保護・芸術研究助成財団、新潟日報社
  • 期 間:平成17年7月28日~7月31日
【世界文化遺産写真展「アンコールと生きる~クメール文明の今」を後援】
  • 主 催:アンコールと生きる写真展実行委員会、東京都写真美術館、朝日新聞社
  • 後 援:外務省、東京都教育委員会、カンボジア王国大使館、UNESCO、NHK、(社)日本ユネスコ協会連盟、(公財)文化財保護・芸術研究助成財団 他
  • 会 期:平成17年7月16日~8月14日
  • 会 場:東京都写真美術館
【「アフガニスタンの至宝~流出文化財を守れ」展の開催】
  • 主 催:(財)平山郁夫シルクロード美術館、(公財)文化財保護・芸術研究助成財団、山梨日日新聞社、山梨放送、絲綢社
  • 後 援:山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、韮崎市、南アルプス市、甲斐市、小淵沢町、NHK甲府放送局、テレビ山梨、エフエム富士、
  • 会 期:平成17年7月9日~12月11日
  • 会 場:平山郁夫シルクロード美術館
【「第9回朝日敦煌研究員派遣制度」を後援】
  • 主 催:蘭州大学、敦煌研究院、朝日新聞社
  • 後 援:(公財)文化財保護・芸術研究助成財団、(社)日中友好協会
  • 会 期:平成17年9月~11月
  • 会 場:蘭州大学
【「シルクロード・奈良国際シンポジウム2005」を後援】
  • 主 催:奈良県、(財)なら・シルクロード博記念国際交流財団/シルクロード学研究センター、朝日新聞社、(社)日本ユネスコ協会連盟、九州国立博物館
  • 後 援:外務省、文部科学省、文化庁、日本ユネスコ国内委員会、(公財)文化財保護・芸術研究助成財団
  • 会 期:平成17年12月2日~12月4日、12月11日
  • 会 場:奈良県新公会堂、奈良県文化会館、九州国立博物館
【「美の継承展」を後援】
  • 主 催:ライザコーポレーション
  • 後 援:(公財)文化財保護・芸術研究助成財団
  • 会 期:平成18年3月2日~3月6日
  • 会 場:鎌倉芸術館
【「日本の美を描く-平山郁夫展」を後援】
  • 主 催:平山郁夫美術館、NHKプロモーション
  • 後 援:(公財)文化財保護・芸術研究助成財団
  • 協 力:朝日生命保険相互会社、(財)日本交通文化協会
  • 会 期:平成17年4月~平成18年3月
  • 会 場:米子taka島屋、横浜taka島屋、立川taka島屋、岡山taka島屋、八戸さくら野百貨店、静岡駿府博物館、京都taka島屋
【啓発冊子「世界の文化遺跡と日本を考える」の発行(第10年次)】
文化財保護・育成のため、啓発冊子を発行。修学旅行該当学年の高等学校生徒等を対象に無償配布。
  • 発行者:(公財)文化財保護・芸術研究助成財団
  • 発行日:平成17年10月20日
  • 発行部数:49,000部
  • 配布先:栃木県、長崎県の高等学校他
  • 体裁:A5判、右綴じ、縦組み、152頁(表紙共)、カラー多用
  • 協力機関:外務省、総務省、文化庁、講談社、栃木県教育委員会、長崎県教育庁
  • 編集協力:長澤和俊、東京芸術大学、東京文化財研究所、奈良文化財研究所飛鳥資料館、日本国政府アンコール遺跡救済チーム、朝日新聞社、(社)日中友好協会、(社)日本ユネスコ協会連盟、法隆寺、協和発酵工業(株)、(株)電通

 ※この事業は(財)日本宝くじ協会の助成で行われました。
【広報誌「絲綢之路」の発行】
  • 第48号(2005-夏)平成17年 6月15日発行
  • 第49号(2005-秋)平成17年10月15日発行
  • 第50号(2006-新春)平成18年1月15日発行

  • 発行部数:各2,000部
  • 配布先:賛助会員、理事、評議員等関係者に無償配布
【在外日本古美術品保存修復プロジェクトのためのカレンダー基金募金活動】
  • 募集期間:平成17年11月~12月
  • 制作題材:シアトル美術館所蔵「鹿下絵和歌巻」
  • 募金応募件数:6、002口
  • 後援:フィリップ モリス ジャパン KK